楽天銀行のカードローンで借入をした体験談 評判や審査が気になる方も読むべし

質問その1:カードローン利用時の職業や年収、過去と現在の借入状況

 

楽天銀行カードローンを利用したのは40歳のときで会社員。年収は900万円です。当時借り入れたのは100万円で翌月には返済しました。

 

質問その2:借入を行おうとした理由と借入を行うまで

 

楽天銀行カードローンを利用しようとしたのは子供の学費支払いです。貯蓄そのものはしていましたが、すぐに解約できる貯蓄ではなくすぐに手元にできるお金がなかった状態でした。何しろ、長女の私立は想定していましたが、次女まで私立中学に入学することになり、手元のキャッシュが足りなくなったのでまとまったお金を定額貯金から解約して手元に戻すのが間に合わなかったというのが実情です。子供の学費の借り入れだけの話で他には別に借金をしていたわけでもなく、生活費も困っていたわけではありません。本当に一時的にお金が足りなかったというだけの状況でした。もともと楽天銀行の口座を持っていて、ATMで借り入れ、返済も出来ることがわかっていました。そして、審査も自分自身の就業状況や年収なら2,3日で終わることもわかっていましたので確実だと認識していました。もともと、借り入れということがポリシーとしていやだったのです。理由は明白で金利を支払うことがもったいないと思ったからです。しかし、このときばかりは定期預金の解約が間に合わない以上、キャッシュが足りないので致し方なく借り入れを行わざるを得ないという状況になってしまったのです。

 

質問その3:そのサービスを利用しようと思った理由と借入までの流れ

 

楽天銀行カードローンを利用しようと思った理由は明白です。もともと楽天グループサービスをもろもろ使っていて、楽天銀行のカードも口座ももっていました。すでに口座があるので審査さえとおれば、ATM経由で借り入れも可能、そして返済もATMでできるということになり、いたってシンプルな流れで終わるということがわかったからです。とにかく時間がなかったこともあり、自分が一番わかりやすい手法で進めたかったわけです。返済に関しても翌月にはキャッシュが手にはいるのでさほど大きなものにならないことも良くわかっていました。実際のフローとしては楽天銀行カードローンのホームページでスキームをチェック。その日のうちに申し込み。審査に3日かかりましたがすぐにカード利用が可能になりました。あとはATMで借り入れを行い、翌月に金利も含めての返済を終えて終了です。ここまでに難しい手続きは一切ありませんでした。楽天銀行、または楽天グループにIDを持っていない方にとってはいくつかステップが増えるかもしれません。個人的にこれがはじめての借り入れで他のカードローンの手続きのことがわかりませんが基本的には非常にわかりやすく、シンプルではないかと思います。

 

質問その4:借入から返済まで 実際に利用しての感想

 

 

人生ではじめて、カードローンを使ったのがこのときでした。家内ももちろんはじめてで、借り入れといえば、住宅ローンくらいです。最初はカードローンといえば、金利が必要以上に高いからいやだな、避けたいなと思っていましたが、返済が翌月に出来る、または返済計画がきちんと見えているのであれば、利便性を考えても良いなと思ったのが私の感想です。この金利の支払いに関してはいざというときに助けてもらったお礼という考え方にすれば、まあいいかなと。実際、我が家の場合も子供の学費支払いでちょっとしたプランニングのミスがあって、それを補うためには仕方なかったのですから。個人的には定常的にカードローンに頼る生活は良くないと思いますが不測の事態であれば、かつ返済総額、返済期間が明確になっている案件であれば、使うこともやむなしかなという考え方にかわりました。とはいえ、いざということがないようにするのが一番です。我が家もいかに手元に自由になるお金をおいておくことができるのか、それ以来考えるようになりました。それでもさらに不測の事態となれば、またカードローンに頼ることもあるかもしれません。前述の通り、その際の金利は助けてもらったお礼と割り切って。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ